レビュー

レビュー

藤井のCDは、年間のベストとして、Down Beat誌、Jazziz誌、Coda誌、Playboy Japan誌、Cadence誌、スイング・ジャーナル誌、NPR ジャズ評論家賞、ミュージック・マガジン誌、フィラデルフィア・シティー紙、CDジャーナル誌、American Reporter誌、All About Jazz誌、Orange County Register紙、Village Voice紙、Jazz Weekly誌、ジャズ東京誌等で多く取り上げられている。

2019年度第67回DownBeat 年間評論家賞をビッグバンド部門、アレンジャー部門、作曲家部門、ピアノ部門で受ける。

「…フリージャズで最も独創性の高いピアニスト…」― Steve Greenlee, Boston Globe

「…フリージャズのエリントン」– Cadence Magazine

「リーダーとして80枚を超えるアルバムを出している藤井郷子の最も素晴らしいところは、どれも入手する価値があるところだ。また、20年間にこの大きな数字に達したところだ。他のアーティストが20年間でこんな広範囲で続けて素晴らしい超越的な作品を作り上げるのは想像できない。…藤井は今の時代の最も重要な作曲家である。」― Alan Young, New York Music Daily

「素晴らしい即興ピアニストがアルバム毎にさらに素晴らしくなる」 ― Richard Gehr, Village Voice

「作曲家藤井郷子は日本の現代ジャズの最先端だ….」― The World, Public Radio International/BBC

「過激で緊張感のあるインプロヴァイザー、藤井郷子は時に密度の高いクラスターであるいは重たく暗いハーモニーで演奏する。また時には、ピアノをドラムのように楽器の側面を演奏したり、内部の弦を弾いたりします」 – Giovanni Russonello, New York Times

「彼女は私たちの時代の最も重要でクリエイティブな音楽華だ」― Michael Nastos, AllMusic

「ピアノインプロヴァイザーのヴィルトゥオーゾ、独創的な作曲家であり、最上の共演者を集められる」― John Fordham, The Guardian

「予想がつかず、ワイルドにクリエイティブで、妥協なし…藤井はジャズのこれからに興味ある誰にでも絶対に聞く必要がある」― Dan McClenaghan, All About Jazz

「何十年にもわたり、日本人ピアニスト藤井郷子はジャズの一翼、アヴァンギャルドのすごいパワーと音楽性を示してきました。積極的で熱心なインタープレイで彼女はあらゆるセッティングにすぐに適応し….その音楽は広く開かれたスピリットで作られています」— Josef Woodard, DownBeat 

「この傑出したカルテットは紙面では大きな評価でしたが、その期待を上回るレベルでした。強烈なリズムと不協和音のピアノの驚異的な突風が見事に融合し、このセットはグエルフジャズフェスティバルの歴史の中で最高のものとなるでしょう。」 – Echo Weekly

「藤井は、セシル・テイラーを楽しくアグレッシブにしたような楽器奏者です。 彼女は子供が鮮やかに包まれた誕生日プレゼントに引き裂くように、最も巧妙に作られたメロディーさえ引き裂くことができます:猪突猛進、ハングリー、止められない…」- William Stephernson, Jazziz

「彼女は天才だ」 – John Payne, Bluefat

「藤井と田村は、感傷的でない美しさ、間、サイレンスとユーモアを提示します。…即興音楽が感情的に魅力的であるだけでなく、聞くことを満足させられるという証拠、藤井と田村は私たちに鮮やかな銀色に裏打ちされた6つの雲を与えます。」- Peter Marsh, BBC Music Magazine

「作曲家としての藤井は、しばしば無音から浮上し、筋肉や組織のようなアイデアを根気よく構築します。 ひるむことのなく命を吹き込み…音楽は魂を和らげるのと同じくらい骨格をガラガラと鳴らし、これらの極端なバランスを取り、こんなにバランスをとることに優れた作曲家はいません…絶えずに吸収し、他とは異なります。」– Karl Ackermann, All About

「藤井の音楽は、しばしば象徴的で神秘的です。 それが彼女の音楽を豊かにするものです。 そして、彼女を音楽的なサムライにしているのは…作品は、書かれたり即興で作られたものの限界を超えた美しさのレベルを達成しているところです。」– Raul da Gama, Jazz da Gama

「これは、まさに発見のサウンド。数十年の経験に基づいているが、慣習に囚われていない。」– Bill Meyer, Dusted Magazine

「藤井はミュージシャンというだけでなく、マジシャン魔術師のようにしばしば思える。」– Bruce Lee Gallanter, Downtown Music Gallery

「フリーミュージックがよりこのように優雅に形を与えられていることはめったにありません。」― Chris Kelsey, JazzTimes

「コンサートおよび80枚以上のアルバムでリーダーまたは共同リーダーとして、彼女はジャズ、現代クラシック、アバンギャルド、そして日本のフォークミュージックを、彼女独自のものと認識できる革新的な音楽に合成します。」– Valery Amador, Bass Musician Magazine

「”Fukushima”は今世紀で最も成功して感動的で意味のある作品です。」– Aldo Gianolio, Audio Review (Italy)

「自由な表現の力作」– John Sharpe, The New York City Jazz Record

「藤井のように、大規模なアンサンブルの即興音楽を書ける他の作曲家を見つけるのは困難であり、今後もそうなるとは思わない。」– Nick Davies, London Jazz News

「郷子は今日のピアニストとして真に偉大な少数のうちの一人だ」– Luigi Santosuosso, All About Jazz Italia

「エリントン以降のジャズでは、作曲はソロの順番を事前に決定する必要がありました。

予め確立されたムードを維持するためにソロを決めるのではなく、次に来るものを予測するために誰に任せるか。 これは藤井が優れているところです…」Francis Davis, Village Voice

「…日本のピアニスト、作曲家は現在、異なる都市の4つの独立したジャズオーケストラを率いており、それぞれが異なる個性を持っています。藤井は、大規模なグループを手配するために必要なスキルをすべて備えており、彼女のペンは、サド・ジョーンズからカーラ・ブリーまでのをカバーしています。 全体像に焦点を当てるために、フランク・ザッパの躁的な旋律、日本の太鼓のリズム、複数の即興演奏(Sun Ra風)などの要素を追得ています。」― Neil Tesser, Jazz Journalists Association

「演奏するのは大変だが茶目っ気のある藤井の曲は、今年のロヴァテにおける最高の出し物だったことに疑いの余地はない・・・」― Tom Dill, Signal To Noise 

「不思議な響きで感覚を殺してくる。不純物の無い氷のような強烈な輝きと、女心と秋の空を思わせるようなコロコロ変わる演奏がこのグループにはある。….終演後、駅の公衆電話で友人にライヴの素晴らしさに熱弁を振るっていたら2時間も話してしまい終電を乗り過ごしてしまった。それだけ素晴らしかったのだ。」— 三星貴幸(ジャズ批評)

「シュトックハウゼンの代表作”Telemusik”は、スピードと停滞が同時に起き、同様のことがピアニストの藤井郷子にも言えることです。」– Marc Medwin, New York City Jazz Record

「エネルギー–とりわけ鍵盤に対する強力な2本拳のアタック–は、藤井のカメレオンのような音楽的存在の魅力的な性質の1つにすぎません。」― Derk Richardson, San Francisco Chronicle

「藤井郷子は、セシル・テイラーのハイパーな不協和音と、ランディ・ウェストンやアブドラ・イブラヒムのようなより瞑想的なピアノ奏者の間を通り抜けます…

藤井は、ジャズを、閉ざされた空間の静寂の中で出現するデザインされた形状の建築物に変えます。」 ― Michael Kramer, New York Times

「藤井のオーケストラはほとんどニューヨークで活躍するバンドリーダーで構され.…40年代のボールルームからジェームズボンド風のテーマ、そしてファンファーレの行進、ホラーフリックサウンドトラック、ポルカからグローブユニティオーケストラまで渦巻き、その雰囲気は…そのようなグループにとって奇妙に民主的な、藤井と著名なメンバーは、それぞれがスターではなく、より音楽的でした。」― Andrey Henkin, All About Jazz New York

「部分的にはジョン・ゾーン風フリージャズ、部分的に実験的なロック、郷子の即興コレクションは驚くほど混沌とし、パーカッシブで、不協和音です…

彼女が猛烈にピアノを叩いたり、優しくハーモニーを演奏したりするかどうかにかかわらず、郷子は楽器の全ての音色とダイナミックレンジを使用します。それは聴いていてとても爽快です。」 ― Michael Gallant, Keyboard Magazine

「彼女の音楽ほど、即興音楽の完成度に近づくことができません…」– Victor Aaron, Something Else!

「音は彼女の魂から彼女の手を通って流れるだけで、すべての美しさ、カラフルなイメージ、そして微妙な魔法のクリスタルトーンがそこにあります…。 その情緒と感情で藤井は、ピアノを弾くだけでなく、本当にピアノそのものです。」– Peter Thelen, Expose

「…美しく、映画のようで、天然色に匹敵する聴覚的…素晴らしい音の遍歴。」— Dave Wade, WMPG Radio

「藤井は完璧にフレキシブルなピアニストであり、彼女のアウトプットはロック、ジャズ、クラシック志向の作品の広い広がりを網羅しています。」 – Mike Borella, Avant Music News

「ピアニストとして、藤井は自然の力と言えます。…初めての人には、彼女は強力なセシル・テイラーとドン・プーレンを喚起させます。 藤井はまた、Myra Melford(デュオの共演者でもある)とMatthew Shippのようにはすに構えた叙情性と繊細なタッチを盛り込んでいます…藤井は、荘厳に叙情的でダイレクトに感情的に演奏します…とにかくおすすめです。」– Mark Keresman, JazzEd Magazine

「瞬間的に凝縮された猛烈な勢いと荒々しいパワーに、聴き手の耳は圧倒される・・・。レコードでもそうだが、とりわけライヴにおいては、彼女の将来を見通す鋭い眼差しと共に、その歴史感覚と過去に対する尊敬の念には、注目すべきものがある・・・この夜の演奏は、終わった瞬間に全員が総立ちで拍手を送るほどの出来栄えだった。次に藤井が来たときには、是非お見逃しなく。」― Laurence Donohue-Greene, All About Jazz – New York

「ニューヨークオーケストラは鋭くて、飛び出しナイフが入った箱のようだ。」― Duncan Heining, Jazzwise

「藤井は当初から、激しい音色の変化、予期せぬノイズの爆発的な爆発、完全な静寂、または張り詰めたメロディーラインにかかわらず、それらを驚くような形で並べる衝撃で楽しませてくれる。 彼女の音楽は、直感的なテクスチャー、点描の爆発、そして大胆で綿密なコラージュの容赦ない美しさを使い、自由な即興の綱渡りを歩くような創作と現代音楽の秘儀のような航路を等しく用いる…無限の驚きへの猛烈な献身。」–Shaun Brady, Jazziz

「その大胆さと強烈さのために、藤井をチャールズ・ミンガス、グラハム・コリアー、カーラ・ブレイ、またはサン・ラに例える人もいますが、彼女の音楽は独特で、彼らの影にではなくそれらの冒険者と同等に並んでいます。」– Barry Witherden, Jazz Journal (UK)

「藤井はこの時代の最も多作なレコーディングアーチストの一人だ…彼女は本当に素晴らしい…ずば抜けた量のドラマと喜びを創作する」– Steve Feeney, The Arts Fuse

「ジャズの抽象を最高の限界に引き上げます。 …サスペンス、妙技、ミステリー、沈静があります。」– Jon Garelick, Giant Steps

「藤井郷子は光り輝く感動させるジャズ界の天才だ。」– Travis Rogers Jr., The Jazz Owl

「高揚させ、驚かせ、スリルにみちて」― Jerry D’Souza, All About Jazz

「…音楽はしばしば叙情的探検で優しく流れます。 彼女の演奏には自由にできる威力があり、標準的なアプローチからの逸脱はまさに自己に挑戦するためにそこにあるように思えます。」Robert Rusch, Cadence

「感情、力、その他すべてを備えた永続的で尽きることのない想像力…[藤井]は、一瞬とも退屈や平凡ではありません。」– Phontas Troussas, Vinylmine

「藤井はある種の無限の探索を見せます…彼女はそういう意味でも単純に、平坦にピアノを演奏することは全くありません。 藤井の音楽には、やがて、常に何かさらなるもの、常に別のフレーズ、休符、別の擦り傷やひび割れ、目立たない顕示があります。」– Lee Rice Epstein, The Free Jazz Collective

「…藤井の作品に耳を傾けることは、発見の旅であり、それは楽しいだけでなく魅力的でもあります。– Stephen Smoliar, The Rehearsal Studio

「藤井はピアノのあらゆる部分から音を引き出すため、ほぼすべての方法を使います…従来の奏法でも、彼女は不思議な感覚を刺激し、純粋な美しさや威厳のある感情に影響を与える不思議な不慣れな音を作成するのが得意です。」– Barry Witherden, Jazz Journal (UK)

「藤井はピアノの全てを演奏する。弦から木部から、弦の間に紙を入れたりもして。彼女は華麗に哀愁があり….想像的で直感的。」– George Harris, Jazz Weekly

「大胆で、奔放な荒くれ者。 藤井としても、ワイルドな聞き応えのフリージャズです。これは、最大限の即興ジャズを聴きたいリスナーにとっての最高の照準です。」– Chris Spector, Midwest Record

「彼らは曲を前進させ、より高くなる可能性がないところまで、築き上げます。 そして、彼らは…。 私が聞いた中で最も興味深く聞く価値のあるフリージャズ。」– Sam Brunson, Common Consent

「”Cadence Magazine”は彼女をフリージャズのエリントンとよんだが、それは正しくない。

彼女は藤井郷子で、彼女の音楽があなたを捉える。」– Steven Heath, UK Vibe

「…それは彼女の芸術、音楽家の芸術 – 藤井郷子は彼女の創造性に境界線を引かずに限界も定めない – サウンド、作曲、即興の可能性のある全てを探索し熟考することに情熱を捧げる。」– Guiseppe Mavilla, Scrivere di Jazz (Italy)

「今では、藤井を他のピアニストと比較することは意味がありませんが、セシル・テイラー、マリリン・クリスペル、マシュー・シップ、マイラ・メルフォード、ポール・ブレイが好みの人は夢中になるだろう。 ロペスを変えることなく、Confluenceはハン・ベニンクとミシャ・メンゲルベルグのデュオを思い出させました。それは素晴らしいことです。– Joseph Neff, The Vinyl District

「藤井郷子はできる限りのノイズを使う。蓋を開け、手を伸ばし、弦を弾き、ねじ伏せて低音を叩く。」 – John Garratt, Pop Matters

「今日、ビッグバンド音楽の流れ – 作曲し、ミュージシャンを調達し、リハーサルして公演する – これははかつてないほど手ごわいです。 藤井と田村の粘り強さに祝福あれ…2019年、他の誰がこんなに価値のあるビッグバンド音楽をこれほど長く創作し続けてきましたか?」– John Litweiler, Point of Departure

「藤井のオーケストラ・ニューヨークが彼女の他のオーケストラよりも私の台のお気に入りでした … 他のオーケストラを聴くまでは」– Steve Koenig, Acoustic Levitation

「藤井郷子は、最も刺激的な起爆の鍵とも言える1人です。 彼女は故セシル・テイラーのように火山であり、マッコイ・タイナーのようなめまいのようなタペストリーを織り、ハービー・ハンコックのように音楽的です。」– Mark Keresman, ICON

「作曲家、ピアニスト、バンドリーダーの藤井ato子は、アバンギャルドの巨人です…ビッグバンドであれ、夫のトランペット奏者の田村夏樹とのデュオであれ、または中規模のアンサンブルであれ、藤井は常に新しい音楽を生み出し、彼女の不変のゴールである今まで聞いたことのない音楽を演奏するということを達成しています。」– Scott Yanow, Jazz Artistry Now

「今日、ビッグジャズバンドは、多くのミュージシャンと関わらなくてはならないし、献身的な一人のリーダーによるため、アカデミックな機関以外のみで存続できます。とはいえ、日本のピアニストであり作曲家でもある藤井郷子の並外れた能力と、彼女が仲間の音楽家をインスパイアできることでは可能になります。」–  Stuart Broomer, The Whole Note

「最も刮目すべき存在は藤井郷子。幅広い精力的な活動は圧巻で、”マン&ウーマン・オブ・ザ・イヤー”に推薦したい。」–小西啓一 スイングジャーナル

「大量のリリースを立て続けに行うエネルギーは、枯渇しない。」― Julian Crowley, Wire

「アバンギャルドロックとフリージャズをミックスさせた、境界を打破する勇敢なピアニストの藤井率いる藤井郷子子カルテットは、ジャズの限界を広げています。」― Michael Harrington, Philadelphia Inquirer

「藤井郷子は革新的で大胆不敵なピアニストであり、ソフトで叙情的な作曲を楽しめるのと同様に荒く乱暴なフリージャズも演奏します…世界中のジャズ愛好家は、彼女のアタックに注目する必要があります。–そして、彼女の抑制はさらに感銘を与えます。」― Matt Cibula, Global Rhythm

「このようなジャズを聞いたことがありません… それは完全に自由で奔放ですが、才能に根ざしています! …最も高くお勧めします。」― Dick Metcalf, Improvijazzation Nation 

「オーケストラは彼女の楽器で….彼女はそれで壮大に物語る。」― John Chacona, Coda

「極端に力強く同時に前向きな音楽。 お聴き逃しなく。」― Jason Bivins, Cadence

「藤井郷子のCDを開けて、CDプレーヤーにいれる。いつも驚きが待っている。そのディスコグラフィーは椅子から壁に突き抜けそうなビッグバンド、最も好戦的で大胆なロックバンドを束ねたようなカルテット、尖った、気分を変えるコインを裏返したようなトリオが耳に残り、何が起きているのか確認したくてもう一度聞き、そして崇高な美しさと独特な厳粛さのソロ」– Dan McClenaghan, All About Jazz

「藤井郷子の音楽にふれることは、オーケストラであれコンボであれ、あるいはピアノソロであっても、音楽をただ娯楽として消費するだけではなく、音楽の現在のありようや未来、あるいはその意味を考える上で、必要なことでさえあるはずだ。」–小沼純一、アサヒグラフ

「…藤井と田村のデュオはしばしば非凡な能力の集合のように聞こえる。」― K. Leander Williams, Time Out NY

「彼女はセシル・テイラーのようですが、でも荒天からリスナーを連れ出すというセンスを持っています。」― Mark Corroto, All About Jazz

「…音楽の聴き方を再定義し、ジャンルを再定義し、音楽の演奏を再定義します…信じられないような豊かなリスニング体験です。」― Stef Gjissels, Free Jazz Blog

「ロマンチックで、不協和音で、知的で、そして一貫して見せかけなし。」– Steve Mossberg, Arts Fuse

「藤井は、日本の伝統的なメロディーを現代的で創造的な即興演奏と並置するという困難な仕事をこなし、それをすべて戦士のような勇敢さで行います。」― Fred Jung, Jazz Weekly

「複雑なリズムとフリーなカウンターポイント、サン・ラ アルケストラがイーザー・オーケストラと出会い、ストラビンスキーとソウザをいい意味で加味する。」― Pete Gershon, Soundboard

「クラシック音楽のテクニックと和声学、日本の伝統的音楽の静的緊張感、そしてジャズのテイク・リスクの精神を織り交ぜて、音楽院で教育を受けた藤井はアコースティックな鍵盤で非凡な音を奏でる。彼女の開かれた視野は、伝統と実験のバランスをとって鍵盤の瑞々しいメロディーのフレーズから、ピアノ内部の弦で作る忘れられない音色の周遊まで打ち鳴らす。」― Sam Prestianni, San Francisco Weekly

「緩急のバランスが見事に取れた音世界は、最初の数秒から充分なほどの吸引力を持つ。音数が抑えられたパートでも全く無理なくさまざまな風景を思い浮かばせ、そこが見事に作品の特徴づけになっている。それゆえどこを取っても密度は濃く、10分を越える大曲でも飽きさせることがない。」—小島 智、ストレンジデイズ

「藤井のタッチは断固としており、彼女の演奏は熟練しています…藤井の演奏はある時には無邪気に美しく、またある時には他の人は恐ろしくアグレッシブです。」― Adam Kinner, The Montreal Gazette

「ジャズ、ロック、ワールドミュージックは網羅するには広範囲すぎるように思えるかもしれませんが、それは藤井の典型的な関心事です…このような解放されたアプローチは、藤井の芸術的たまものです。」― J.D. Considine, Toronto Globe and Mail

「批評家たちは、共演者から最高の成果を得るバンドリーダーとしての彼女の能力を絶賛しました。 共演者を新しい高みへとプッシュしたり、駆り立てたりするリーダーもいますが、彼女は流れを楽しみ、最も微妙なツイストを加えてさらに流れを作ります。 おそらくこれが、他の人が不協和音でも彼女の音楽がしばしばメロディックで美しい理由です。」― Stuart Derdeyn, Vancouver Province 

「藤井さんについて何か知っているとすれば、彼女が演奏する時、リスナーは非常に異なる世界に足を踏み入れるという事です。 彼女はあらゆる編成のアンサンブルを書いており、プログレッシブでかき乱すようなビッグバンド音楽、鳴り響くようで瞑想的なカルテット音楽、鋭くエッジの効いたトリオをリードし、詩的でありながら常に緊張に満ちたデュオ作品を創造しています。」― Richard Kamins, Hartford Courant

「評論家やファンは、ピアニストで作曲家の藤井郷子をジャズで最も独創的な一人として評価します…彼女の経歴は国境を越え、その音楽はジャズ、現代音楽、伝統的な日本の民俗音楽のような多くのジャンルに及び、それ等を即座に彼女だけの音楽と認識できるように革新的に融合します。― The Montclair Times

「彼女はクラスター – 独自の指使いで – を用い、自由な演奏でリズミカルなモチーフを見つけることができる抽象表現主義者です。」― Los Angeles City Beat

「彼らのダイナミクスのコントロールは、際立っています。 多くの場合、単純なモチーフに小さくずらしたり、早い燃えるようなユニゾンをプレイしたりして、双方が驚異的なテクニックを使っているのを気付く前に、即座に人を惹きつけるような方法で魅了します。 (私は長い間、田村は非常に優れた現代のトランペッターだと考えていましたが、藤井も明らかに一流の作曲家および音楽の思想家の一人です。)…デュオとして、彼らはユーモラスな側面がないわけではありませんが、 私が長年聞いてきた中でも、最も純粋に時に厳しく美しい音楽をつくります。」― Stephen Middleton, London Jazz News

「奔放でエネルギッシュな藤井トリオの凄みを体感する。」–杉田宏樹、スイングジャーナル

「すでに5枚のCDを発表しているトリオは、互いのプレイやサウンドがどう変化しようと、自在に即応しながらクライマックスへと導く術を心得ている。自由な精神の発露が聴き手の心をも解放する。….分けても重層的なサウンドを生みながら四者の物語が一つに収束して終結部へと突入するスムーズな流れが快感だ。」悠雅彦(朝日新聞)

「Satoko Fujii Fourは、音そのものを探求し、楽器に宿るあらゆる音を引き出します。」– Joyce Corbett, The Live Music report.com

「藤井の最も称賛するべき素質は、リスクをとることを厭わない大胆さです。」– Chris Robinson, Point of Departure

「藤井の音楽は個性的です。 そして素晴らしいことは、彼女の多くのバンドはすべてまったく異なるものを演奏していますが、すべて同じ基本的な質と認識できるビジョンを持ち、それで自分自身を創案し続けていることです。」– Stef Gjissels, Free Jazz Collective

「非常に実験的で、クラシックにインスパイアされたカルテット(Satoko Fujii Four)から想定外なものを期待してください。 時には20分以上に及ぶ彼らの曲は、多くの場合、方向を変え、ポストバップジャズのテクニックとスタイル、クラシック音楽、その他のソースからインスピレーションを得ます。このバンドに心を開いてアプローチすることをお勧めします。 彼らの仰天するような複雑な音に出会う準備をしてください。」― Ernest Barteldes, New York Press

「藤井の曲は難しいとよくミュージシャンは言うが、奔放さを引き出し、許容する自由な空間に繋がっている。…藤井は作曲の才と豊かなイマジネーションでその場を司る。」–横井一江、ジャズ批評

「藤井は、激しく巧みに鍵盤を繰ります。 彼女は幅広い感情を表現することができ、そして明確に表現しています…各プレイヤーは鳥のように自由であり、それらを妨げるものは何もありません。」― Jim Santella, All About Jazz

「藤井はこのカルテットをロックバンドと呼んでいます。 しかし、それはロックの基準によるものではないにしても音が大きいかもしれませんが、リーダーが常に示してきた即興の美徳を喚起し、これまでで最も魅力的な冒険をします….注目せずにはいられない。」

― Andy Hamilton, Jazz Review (UK)

「…彼女は素晴らしい表現力を披露しました…鍵盤から響板までピアノの特質を十分に使い – エクステンデッド・テクニックの感動的に使い、それらの属性をさらに増幅させました。– Phillip Lutz, DownBeat

「叙情性とタフなユーモア感覚が同居する藤井の音楽は、きわめてまっとうに”ジャズ”の可能性を拡大している」—村井康司、CDジャーナル

「藤井郷子は、個性的で瞑想するようなフィーリング、抜きんでた独自の探求によって伝えられる世界を聞き手に提供します。」– Yves Dorison, Culture Jazz (France)

一般記事
コンサート 評

プロジェクト別

藤井郷子ピアノソロ
Minamo 水面 (with カーラ・キルステット)
2 Piano Duo (with マイラ・メルフォード)
NatSat (with 田村夏樹)
Toh-Kichi 藤吉 (with 吉田達也)
藤井郷子 Trio (with マーク・ドレッサー、ジム・ブラック)
Junk Box ジャンク・ボックス(with 田村夏樹、ジョン・ホーレンベック)
藤井郷子 Four (with 田村夏樹、マーク・ドレッサー、ジム・ブラック)
藤井郷子 Quartet (with 田村夏樹、早川岳晴、吉田達也)
藤井郷子 ma-do (with 田村夏樹、是安則克、堀越彰)
藤井郷子 Min-Yoh Ensemble (with 田村夏樹、カーティス・ハッセルブリング、アンドレア・パーキンス)
藤井郷子 Orchestra New York
藤井郷子 Orchestra 東京
藤井郷子 Orchestra 名古屋
藤井郷子 Orchestra 神戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です